華子劇場(ハナコシアター)

犬の華子がぼやいたり、コスプレしたり、小芝居をする日々を綴ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書の秋

最近、更新が滞っとりますが、それは読書が忙しいからにほかなりません。                               昔から、本の虫ですねん。読み出したら止まりまへん。                                           それでも年令から来る目の疲れなんかで、ここ数年はかなり読書量を減らしとりました。                                                                                  忙しい&気持ちに余裕がないなんてのも理由の一つやけどね。ところが今の職場、図書館に非常に近い!                                                       さらに、ネットで予約ができる時代なんで、またまた趣味がぶり返しましてん。                              通常は職場で昼食しながら読むくらいにとどめとりますが、これがなかなか、面白い本にめぐり合うと、家に持ち帰って手がすいた時間に読む、休日もずっと読む、寝る前に読む、となって、2日で読み上げることもしばしば。                  故に、非常に目が疲れてブルーベリーの錠剤が欠かせまへん。さて、最近読んだ中で面白かった本がいくつかあります。一つ目はR.C.ウィルソンの「時間封鎖」。たまに訪問するブログで紹介してあったんで読んでみたけど、これはホンマに読み応えがあって面白かったわ。
時間封鎖〈上〉 (創元SF文庫)時間封鎖〈上〉 (創元SF文庫)
(2008/10)
ロバート・チャールズ ウィルスン

商品詳細を見る
時間封鎖〈下〉 (創元SF文庫)時間封鎖〈下〉 (創元SF文庫)
(2008/10)
ロバート・チャールズ ウィルスン

商品詳細を見る
スケールの大きいSFなんやけど、それだけではなく、切ないラブストーリーも展開されていて上・下巻ぶっ通しで読み上げてしまいました。                                                             二つ目はたまたま職場に置いてあった本で、読む本がなかった時やったもんで、何となく読み始めたロバート・ゴダードの「蒼穹のかなたへ」
蒼穹のかなたへ〈上〉 (文春文庫)蒼穹のかなたへ〈上〉 (文春文庫)
(1997/08)
ロバート ゴダード

商品詳細を見る
これも上下巻一気読みやったミステリーなんで、謎解きしながら読んでます。犯人あたっとりましたが、次へ次へと展開していくんで、終わりまでやめれれまへんでしたねぇ。そんで、この作者の他の作品も読みとうなって、次に借りたのが「リオノーラの肖像」。う~ん、これも一気に読みましたで。話の展開に無理がのうて、ホンマに心にジーンとくる作品やった。この人の作品、当分読み漁りそうやわ                                                                       しばしばする目で更新するみやびに、応援のポチッをよろしくお願いします。

人気blogランキング
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

みやび

Author:みやび
★華子のプロフィール★
H10年生まれの女の子で、柴犬の血を引くミックス犬ですがな。その証拠に、耳と尻尾が立ってますぅ。特に尻尾はくるりと巻いていて、“かっちょえ~”とほめられますねん。家族は、人間のお父はん、お母はん、お兄はんの4人家族や。

★みやび★
管理人の「みやび」いいます。ケッタイな関西弁つこうてる言うて関西辺りの人、怒ってまへんか?華子はんは人間語がしゃべれへん異国人みたいなもんや。それで、華子はんに合いそうな関西辺りの方言に通訳してんねんわ。関西弁でのうて関西辺り弁でございます。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
ブログ開始H18.10.31

最近の記事

フリーエリア

お買い得

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。